セーラお嬢さまの微笑

このブログを見てられる方々に メリークリスマスです。

小公女セーラをいつも見て思うのですが、セーラが、少し笑う時の(島本須美さんの声(聞いて癒されますが)特にその時の声が)声が特に癒されます。
(その時の声を日本語で表すのは、難しいのですが、鈴の鳴るような小さな笑い声なのです)例えば

アンヌにぶどうパンを差し出す場面で
「さっ 焼きたてのぶとうパンよ」
「え(戸惑うアンヌ)」「(少し笑うセーラ)
心配しないで 私も一つもらうから」(実際メル一家にその1個の半分は、やるのですが)

鈴のなるようなセーラの小さな笑い声(セーラは、お嬢さまなのでそれ以外の笑い方は、しません。)にとても癒されます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • 2007

    島本須美さんはセーラの声を演じるために生まれてきたような人ですね(大袈裟?(笑♪)
    「鈴のなるような」というのは絶妙な表現です。
    まさにそんな感じ(^^)
    2008年12月25日 18:41

この記事へのトラックバック